成績を上げるノートの使い方

2021年04月27日 コラム

こんにちは。石神井公園教室の会田です。

進学塾メイツではタブレットを使った学習を行っていますが、同時にメイツノートにも書き込んで学習をしています。タブレット学習なんだからタブレットに入力して終わり!が簡単だし、ノートはなくても良いのでは?と思われるかもしれませんが、実はノートを書くことは成績アップには欠かせない大切な作業なのです。

なぜノートが重要なのでしょうか。そして、どのようにノートを使えば成績は上がるのでしょうか。今回は成績を上げるためのノートの使い方についてご紹介します。

タブレット学習でもノートを書く理由

ICT化が進んだ現在でも、学校の定期テストは紙ベースで行われています。
そして当たり前ではありますが、テストでは答案用紙に「正しい答え」を書いてはじめて点数がもらえます。

この正しい答えが書けるようになるまでには、実は相当な努力が必要です。
みなさんも懸命に英単語を覚えたのに、スペルを書き間違えて×をもらった経験はありませんか?
ちょっと書き間違えてしまった、半分は書けたけれど全部は書けなかった、前は書けたのにテストでは書けなかった・・・・。よくあることですが、テスト本番にこういったことが起こってはテストで得点できません。

そこで進学塾メイツでは、日ごろからノートに答えを書く練習をしています。
ノートに書いてからタブレットに答えを打ち込み、正しい答えが書けるようにすることで、テストの得点力を身につけているのです。

成績を上げるノートの使い方

日ごろからノートに答えを書く習慣をつけたら、そのノートをもっと活用していきましょう。
成績を上げるためには、書いたノートを見返すことが大切です。
その日の勉強を始める時に、どの問題のどこでミスをしたのか、正しい答えは何だったのか、ノートを見て振り返るようにしましょう。

ミスをした問題は自分が苦手な問題です。もし自分が同じようなミスを繰り返しているなら、それは要注意です。次に似たような問題が出たときに「これはあのときのミス問題だ」と分かるくらいにしっかり復習して正しい答えが書けるようにしておきましょう。そうすればもう同じ問題で間違えることがなくなります。

成績が上がる生徒のノートの特徴

成績が上がっている生徒のノートには特徴があります。丁寧で、教科書や板書の重要事項がおさえられていて、全体的によくまとまっていることが多いです。
生徒がどのようにノートをまとめたかを見れば、学習内容をどのように関連づけて理解したかが分かります。ノートをまとめると要約する力もつきます。これは様々な教科の学力を底上げする力にもなります。

ここで気を付けなければいけないのは、ノートを丁寧に書いたから成績が上がるのではないということです。成績を上げる目的を持って、読みやすく丁寧にまとめるようにしましょう。

いかがでしたか。ノートを上手に活用すると成績はみるみる上がっていきます。
さあ!みなさんもメイツに入塾して、ノートに書いてからタブレットで学習するメイツの学習方法で、定期テストの目標点超えを達成しませんか。

The following two tabs change content below.
会田真弓

会田真弓

国際基督教大学教養学部国際関係学科卒業。専攻は国際経済経営論。今の時代は、自ら考え主体的に選択して生きる姿勢が求められています。どうすればそのような人は育つのか。この難しい課題を、教育×ITの力で実現していきたいです。