4つの特徴

個別指導が進化する

「うちの子に合った先生に教えてもらえるか不安」というのが個別指導塾に通う保護者の方の悩みでもあります。1人1台タブレット指導であれば、学習情報に基づいてその子に合わせたオーダーメイドの指導が可能です。指導現場にタブレットを持ち込むことで、個別指導が進化するのです。また、従来の個別指導塾と同じようにいつでも近くに講師がいますので、気軽に質問や相談することが可能です。

1.学習状況がいつでもスマホで見れる

「今日は塾で何を勉強したの?」という会話は、塾に通うどのご家庭でも起こるものです。タブレット指導を行うことで、宿題だけでなく、塾での学習状況もスマホまたはパソコンで確認できます。塾の指導は不透明になりがちですが、タブレット指導を行うことで、学習状況を自動で記録するため、講師はより指導に専念することができます。

2.入退室もネットで確認できる

「塾に行ったとウソをつく」ことに、当塾も悩まされてきました。タブレット指導はそんな悩みをも解決することができたのです。指導管理アプリがあるため、入退室情報も学習情報と同様に把握できます。もう「ちゃんと塾に行ったの?」という会話はなくなるのです。

3.最適な「さかのぼり学習」が可能に

個別指導塾では日によって先生が違うため、最適な「さかのぼり学習」は不可能です。タブレット指導によりタブレットに学習履歴をためることで、講師に関係なく最適な「さかのぼり学習」を実現することができます。長期休みや定期テスト前や入試前の弱点補強など、必要に応じていつでも最適な「さかのぼり学習」を行えます。

4.「見える化」でやる気を引き出す

タブレット指導であれば、学習データが「見える化」しているので授業準備は容易になり、講師はより指導に専念し、また生徒とのより親密なコミュニケーションを実現できます。個別指導講師の仕事は「教える」だけでなく「やる気を引き出す」ことも重要な仕事です。タブレット指導により、軽視しがちであった「やる気を引き出す」ことに専念できるようになるのです。

コース紹介