【西早稲田中学校・2学期末試験】都立入試にも関わる重要なテストで大幅点数アップ!!

2021年12月21日 成績アップ実績

こんにちは、高田馬場教室の野田です。

今回は、高田馬場教室の近隣学校である西早稲田中学校の3年生の成績アップ実績をご紹介いたします。

この生徒は今年の7月に入塾し、入塾前の定期テストでは、英語30点、数学54点という状況でした。
しかし、入塾から半年が経ち、今回の2学期期末テストでは、数学が入塾時よりプラス41点!!英語が入塾時よりプラス23点という素晴らしい成果を収めることができました。

この2学期期末試験は、受験生である中学3年生にとって非常に大切な試験となるので、ここまでよく頑張って伸びたなと、とても嬉しい気持ちでいます。

なぜ、中学校3年生の2学期期末試験は重要なのか

高校入試に利用される内申点が決まるテストだからです。
都立高校入試の得点1000点満点中、300点分は内申点で決まります。
また、私立高校の推薦や併願優遇を利用して受験をする際も、内申が大きな基準となってきます。

今回ご紹介している生徒も、期末試験の点数が大幅にアップしたおかげで、1学期の時より内申点が3アップする見込みで、具体的には英語と数学と美術でアップしそうとのことでした。(入試を控える3年生に対しては、2学期期末試験が終了後、仮の内申点を伝えることが慣例となっています。)

このことから、この生徒は志望校のレベルを一つ上げることとなったのです。

テスト内容の分析

入試を控えた状態での定期試験ではありますが、これまで通り授業の内容に沿った出題がされていました。これは中学3年の2学期の学習は高校入試に重要な内容であるからです。

例えば、今回数学では、二次関数の利用と相似な図形が範囲として出題されており、いずれも入試で必ず出題される内容です。
英語に関しても、後置修飾や関係代名詞など、入試で頻出の文法が出題されていました。

期末試験での大幅点数アップの要因は?

3点理由があると考えています。

1.学習時間を長時間確保することができたから
 メイツは、他塾と比較して長時間学習することができる環境であるため、5教科全ての学習をしっかり行うことができました。

2.苦手問題やミス問題を繰り返し解いたから
 メイツでは、タブレット教材を使用した学習を行っています。指導時間内に、その日ミスした問題や苦手としている問題を何回も繰り返し解いて確認をするため、苦手をそのままにするということがありませんでした。

3.地域に密着した指導をおこなっているから
 進学塾メイツは2週間前からテスト対策期間として塾内で徹底的にテスト範囲の復習を行っていきます。復習を行う際も学校から出されている試験範囲表や生徒の話を参考に、その日の学習内容や目標を設定していきます。

今後の目標

この生徒の今後の目標は志望校合格です。先ほど内申点アップを受け、志望校のレベルを上げることができた、とお伝えしました。志望校のレベルを上げるということは、ここから更に努力を重ねて、実力を高めていく必要があります。

来週から始まる冬期講習においては、各学年で2学期の復習を行うとともに、中学3年生については入試対策の演習も行っていきます。

一人一人の生徒さんが希望とする進路に進んでいけるよう、引き続き全力で学習指導に努めていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
野田宗慶

野田宗慶

進学塾メイツ 高田馬場教室 教室長 生徒自身がもつ力を最大限に引き出したいという思いから、一人一人に最適化された教育を目指している。公立学校での教員経験をもち、小中学校のカリキュラムや指導に精通。趣味は山登り、キャンプ、サイクリング。