石神井東中学校2年生 1学期中間テスト4教科80点以上!数学は29点もUP!!

2021年06月22日 成績アップ実績

進学塾メイツ石神井公園教室長の会田です。

今回は石神井東中学校2年生の成績アップ事例をご紹介します。

こちらの生徒は、中学1年生も終わりに近づいた今年の3月に入塾しました。
入塾前の3学期末テストでは、数学58点、理科60点、社会62点と平均を少し上回る成績でした。
しかしメイツに入塾して2か月後の1学期中間テストでは、数学87点と驚異の29点UPを記録し、さらに主要4教科で80点以上と成績が大きく伸びたのです。

なぜこれほど成績が上がったのでしょうか?今回はこの生徒が大きく成績UPを果たすことのできた理由をお伝えします。

入塾前の生徒の様子

メイツに入塾する前この生徒は、他塾で英語と数学を学習していました。そこで反復演習をしながら計算力をつけ、英文にも触れていたので中学に入学したての頃は成績も上位でした。

しかし、その塾の学習教材は学校の教科書とリンクしていませんでした。このため学期が進むにつれて段々と学校で学ぶ内容が分からなくなり、成績も緩やかに下降しはじめました。
やがて中学1年の3学期になる頃には、テスト結果も平均を少し上回るところまで下がってしまいました。

そこで、教科書に沿った内容の学習アプリで定期テスト対策ができるメイツに転塾することを決めたのです。

メイツの教科書準拠「定期テスト対策アプリ」

メイツの定期テスト対策アプリは、全国の公立中学校で使用している教科書に対応しています。
この生徒はこのアプリで教科書に沿って、予習ベースで学習しました。授業で習っている範囲より数ページ先まで先取り学習したことで、学校で先生の話す内容がよく分かる!という状態で授業を受けることができました。この良い循環で、より効果的に定期テストの点数を上げていくことができたのです。

また、メイツでは生徒の学習管理もアプリ上で行っています。
定期テストの日程、テスト範囲、テストまでの残りコマ数が分かるので、学習計画を立てて日々の学習が順調なのか遅れているのかすぐに確認することができます。

さらに、その日に学習したアプリの正答率や所要時間も含めた全ての記録が保護者に送信されるので、保護者の皆様も生徒の学習状況をその日の内に、詳細まで把握することができます。

ミスの傾向をつかんで成績アップ!

この生徒は計算スピードが速いのですが、符号間違えや分数の約分忘れなどのケアレスミスもありました。定期テスト対策アプリはタブレット学習ですが、同時に途中式をノートに書いて解きます。
間違えた問題をノートに赤ペンで訂正し、どんなミスをしたのか後から見直せるようにするためです。これをすることで、ミスの傾向をつかむことができるようになり、同じような間違いをしてもその場で気づいて直せるようになっていきました。

このようにして自分のミスの傾向をつかんだ結果、1年生の3学期末で58点だった数学が2年生の1学期中間には87点へ向上し、29点もUPすることができたのです。

今後の目標

メイツで勉強法を学んだこの生徒は、次の1学期末テストでは数学で100点!というさらに大きな目標を掲げています。
ここまで大きく伸びたので、「入塾前と比べて何か特別違ったことをしましたか?」と聞いてみたところ、嬉しそうに「メイツに来て、メイツのアプリをやったこと」と答えてくれました。
生徒の学力を大きく伸ばしてくれるメイツの定期テスト対策アプリで、今現在も日々テスト勉強に励んでいます。

The following two tabs change content below.
会田真弓

会田真弓

国際基督教大学教養学部国際関係学科卒業。専攻は国際経済経営論。今の時代は、自ら考え主体的に選択して生きる姿勢が求められています。どうすればそのような人は育つのか。この難しい課題を、教育×ITの力で実現していきたいです。