【落合中学校・定期テスト分析】2学期期末テスト2学年 英語

2023年01月13日 定期テスト分析

今回は落合中学校1年生の2学期期末テストの分析を行いました。
習った英文法も増えてきて,英作文問題などがだんだんと難しくなっています。
全部しっかりと勉強するのがもちろん一番良いのですが,苦手な人は取れそうなところを絞って勉強していきましょう。

大問1 (配点 3点) リスニング

3つの絵から音声に合ったものを選択する問題。
似たような絵もありますが、基本的には絵にかいてある行動や、物の英語を知っていれば答えられます。
音声を聞く前に絵に目を通して、どんな単語が流れてくるか予想をしておきましょう。

大問2 (配点 6点) リスニング

二人の対話を聞きながら、メモの空欄を4か所埋める問題。
絵などはないため、メモの穴抜けの英文に目を通しましょう。
答えは日本語での記入のため、英単語だけ聞き取れれば答えられる可能性があります。

大問3 (配点 4点) リスニング

本の紹介文を聞いてリクエストに合う人を選択する問題。
絵などのヒントはないため聞きながらだれがどんな本を紹介しているかをメモする必要があります。
受け答えする人のリアクションも絵を見て判断できるため、絵の違いにも気づけると答えやすくなります。

大問4 (配点 18点)

1文の中に空欄があり、日本語に対応する英単語を書く問題。
語群がないため、日本語を見て英単語を書けるようになっておく必要があります。
ひっかけ問題はないので、教科書中に出てきた文法や表現を英語で書けるように練習しておきましょう。

大問5 (配点 12点)

日本語訳を元に、語群から並び替える問題。
基本的な問題なので、習った文法を意識して並び替えをしましょう。

大問6 (配点 14点)

二人の会話文+説明文を読んで7つの問いに答える問題。
文章はかなり長いですが、教科書のUnit4の文章から作成されているため、前もって対策することが可能です。
文章中の単語を適切な形に修正したり、下線の説明をしたりする問題のため、教科書をしっかり読み込んでおく必要があります。文章中の単語を適切な形に修正したり、下線の説明をしたりする問題のため、教科書をしっかり読み込んでおく必要があります。

大問7 (配点 8点)完答

日本語の説明文を読み英作文を書く問題。
字数の指定などはないですが、接続詞thatや動名詞~ingを文中に取り入れるよう指示があります。
文法を習った時に自分で例文を作る習慣をつけて、この問題も解けるようにしていきましょう。

大問8 (配点 13点)

英語の説明文を読み問いに答える問題。
この文章もUnit5からの作成のため、予め対策することが可能となっています。
文章の内容に合っているかどうかの正誤問題と英文の質問に対して英文で答える形式のため、教科書の内容が頭に入っているだけでもかなり得点をとれるでしょう。

大問9 (配点 6点)

英語のメール文を読んで問いに答える問題。
オリジナルの問題文なので、読解は実力になります。
文章自体は長くはないので、時間がある場合は丁寧に読んでいきましょう。

まとめ

教科書範囲からの出題が多く、授業を聞いている人が得点しやすい問題となっていました。
一方で、問題はしっかりと英語力を問われる問題だったので、ワークをしっかり解いて文法のルール確認や新しい表現を押さえておきましょう。

進学塾メイツでは教科書準拠の教材アプリを用いて、授業を行っています。今回の教科書本文の問題も出題形式に似た形で演習をすることができます。英語の点数を上げたい皆さん、是非一度体験授業に来てみませんか?

The following two tabs change content below.
小野慎平

小野慎平

進学塾メイツ高田馬場教室 教室長。早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 環境・エネルギー専攻 修了。 大学在学中に、個別指導塾で英・数・物化の指導を行っていた。趣味は、アメリカンフットボールをすること、おいしいものを食べること。