西早稲田中学校2年生 1学期末定期テスト 予習と解き直し徹底で英語・数学成績UP

2020年09月29日 成績アップ実績

進学塾メイツ高田馬場教室教室長、野田です。

今回は、高田馬場教室の近隣学校である西早稲田中学校に通う2年生の成績アップ事例をご紹介します。

この生徒は中学1年の8月に入塾しました。入塾前の昨年の1学期期末テストでは、英語が48点、数学が47点という状況でした。

しかし、当塾で学習していくことで、入塾から1年経った今回の1学期期末テストにおいては、英語94点、数学92点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか?その理由をお伝えします。

西早稲田中・1学期期末試験について

今回の1学期期末試験は中間試験ができなかった影響から、どの教科においても試験範囲が広くなり、様々な出題形式で出されている傾向が見られました。

西早稲田中学校2年の英語の試験について詳しく見てみると、大問が16問まであり、その中でリスニング(大問1~3)・長文読解(大問5)・適語補充(大問11,12)・並び替え(大問13)・英作文(大問16)といった様々な形式の出題がされていました。

続いて数学の試験について詳しく見てみると、こちらは基本の内容を幅広く問われる出題となっており、中学2年で履修する式の計算の範囲からは単項式・多項式の計算や式の値を求める問題・式による説明の文章題が出題されていました。
また、前年度の学習内容であるおうぎ形の弧の長さや面積を求める問題が出題されていました。

このような、広い範囲から様々な出題形式で出される試験で高得点を取るためには、知識の抜けがないように日々の積み重ねをしっかり重ねていくことが非常に大切です。

90分指導で解き直しまで完結、成績UPを目指します!!

メイツでは、タブレットを用いたアプリでの学習を取り入れています。

分からない問題や間違った問題をできるまで繰り返し演習し、塾での指導時間内で内容を定着させ成績UPさせます。

また、タブレットによって問題の正答率や解くのにかかった時間を含めた学習管理を徹底しています。

授業の予習と繰り返し演習で成績UP!!

定期テスト対策勉強法として普段から予習ベースで学習を行い、苦手なところや分からないところを残したまま学校での学習が進んでいかないよう指導しています。

今回、成績を伸ばすことができたこの生徒も、予習ベースの学習で分からないところを徹底的に確認しながら学習を進めてきました。

そして、定期テスト2週間前からは、テスト直前対策として、これまでに取り組んだ内容を再度演習し、理解を確実なものとしています。
特に英語では並び替えや英作文、数学では式による説明の文章題でつまずきがありましたが、講師の解説を元に学習することで、テストの結果に結びつきました。

勉強法が分からない、やる気が出ないといったお悩みは、当塾へご相談ください。

今回、進学塾メイツでの学習と本人の努力によって大幅に英語と数学の成績を伸ばすことができました。
今後も学年上位の成績を維持したまま、来年度の受験までつなげていきたいと考えています。

2学期以降は学習内容もどんどん難しくなっていきますが、個別指導によって、その都度、苦手や分からないところをなくしていけるところが当塾の特徴です。

進学塾メイツでは、一人ひとりに合わせた学習管理と分からない問題の徹底的な解き直しを通して、成績を上げていっています。

勉強法がわからなかったり、やる気がなかなか起きずに、学校の成績でお悩みの方は是非ともお問い合わせください!!

The following two tabs change content below.
野田宗慶

野田宗慶

進学塾メイツ 高田馬場教室 教室長 生徒自身がもつ力を最大限に引き出したいという思いから、一人一人に最適化された教育を目指している。公立学校での教員経験をもち、小中学校のカリキュラムや指導に精通。趣味は山登り、キャンプ、サイクリング。