【練馬区立三原台中学校】平成28年度 3年 1学期中間テスト 範囲と対策

進学塾メイツ石神井公園教室の加納です。 三原台中学校、平成28年度3年1学期中間テストの範囲とその対策についてまとめたいと思います。

※進学塾メイツでは下記の対策に加え、タブレットを用いた個別指導中に蓄積された学習情報に基づいて、オーダーメイドなテスト対策を展開しております。体験授業・入塾説明は随時お申し込みをお待ちしております! ⇒お問い合わせはこちら

範囲

三原台3年 範囲表

理科と社会の出題範囲が広めになっていますね。 高得点を狙うには、英語と数学をしっかりと固め、早めに理科・社会の勉強に取り組む必要があります。

対策

数学

方針

出題範囲は、3年生の内容からは「式の展開」と「因数分解」、2年生の内容からは「確率」が該当。 これに加え、ゴールデンウイーク中の宿題として出された1、2年生の復習のプリントも該当します。 今回のメインは計算問題です。まずは、ケアレスミスを無くし、確実に得点が取れようになるまで計算練習を繰り返しましょう。 計算が固まり次第、「確率」→「1、2年生の復習」の順に勉強していきましょう。

3年生のワークの対応

1周目はノートに、2週目は間違えた問題の解き直し、3週目はワークに書き込みの計3週の演習を行います。 今回は計算問題がメインなので、ここでしっかりと計算の仕方を身につけさせます。 中でも因数分解は乗法公式が身についていなければ解けないので、乗法公式を使った計算には特に注意を払って計算練習を行います。

3年生の教科書の対応

教科書の例題、問、章末問題などは一通り解き直しさせます。 用語問題に関しては、因数分解の元となる「素数」や「因数」などに注意が必要です。

確率の問題の対応

範囲表には明記されていないが、2年生時に使用していたワークの問題の解き直しを行います。 また、GW中の宿題プリントの内の1枚が「確率」を扱っているものなので、こちらも解き直しを行います。 余裕がある生徒は、市販の問題集などで演習し、さらなる定着を図っていきます。

1・2年の復習問題の対応

GW中の宿題プリントの内の2枚が1・2年生の内容の復習問題になっているので、まずはこの問題を解き直して一つ一つ復習をしていきます。 比重自体はそれほど重くはないと思われるので、3年生の内容と確率が固まった生徒から、基礎・基本の確認を中心に行っていきます。

英語

方針

出題範囲の中心になるのは「受動態(受け身)」、そして新たに覚えなければならない動詞の「過去分詞形」です。 この「過去分詞形」は覚えるしかないのですが、その際に、2年生学習した「不規則動詞」が覚えられているかどうかもポイントになります。 したがって、「過去分詞形」は動詞の「過去形」と一緒にワークや教科書に出てきているものを覚えるようにしましょう。 (範囲表には「現在完了」(継続用法)の記載がありますが、今回は範囲外となりました。)

3年生のワークの対応

数学と同様、1周目はノートに、2週目は間違えた問題の解き直し、3週目はワークに書き込みの計3週の演習を行います。 また、受動態は「be動詞+過去分詞形」の「be動詞」の間違えが多いので、特に気をつけてチェックを行います。

3年生の教科書の対応

まずは教科書本文の音読。次に和訳を確認し、最後は日本語から英語にする練習をします。 教科書の本文は、覚えてしまうくらいまで繰り返させます。

1・2年の復習の対応

復習となると範囲は広いので、上記の内容に関わるものから随時確認を行います。 ただし、教科書のUnit0の本文に「比較表現」(最上級)が使われているため、2年で学習した比較表現の確認は優先します。

理科

方針

まず、出題範囲が結構幅広いです。3年生の内容からは「水溶液とイオン」と「物体のいろいろな運動」、2年生の内容からは「化学変化と物質の質量」「化学変化の利用」「雲のでき方と水蒸気」が該当。 これらに加えて、1年生の内容の復習としてワークで指定された範囲も含まれています。 したがって、最初からすべてに手を付けるのではなく、3年生の内容から順番に勉強をしていくようにしましょう。 また、2年生の内容である「湿度(飽和水蒸気量)」と「記録タイマー」に関しては計算問題があるので要注意です。

3年生の教科書の対応

基本的には学校の授業ノートやプリント、ワークを中心に確認していく。 範囲が幅広い分、一つ一つの範囲からの出題は少量になると思われるので、知識の確認にはワークの問題を使用します。 余裕がある生徒は、教科書準拠の問題集も使い、さらに理解を深めていきます。

「湿度」と「記録タイマー」の計算問題の対応

「湿度」の計算は、求め方を確認して、グラフから計算に必要な数字を読み取る練習をします。 「記録タイマー」の計算の基本は、数学で扱ったことのある「道のり・速さ・時間」の計算です。 問題を正確に読み取り、それを公式に当てはめて計算できるように練習を繰り返します。 中でも単位が変えられている問題が多いので、単位の変更も確認します。(時間→分→秒や㎝→m→㎞など)

社会

方針

試験範囲は、歴史が「激動する東アジアと日清・日露戦争」と「近代産業と文化の発展」、公民が「現代社会の特色と私たち」から「人権と日本国憲法」が該当。 歴史に関しては「用語」の暗記だけではなく、その用語と関連する出来事とをしっかりと結び付けて覚えましょう。 公民に関しては、今現在の私たちの社会・生活に関わる内容が多いので、時事問題と絡めて問われる可能性が高いです。 教科書や資料集とともに、普段のニュースなどにも気をつけておきましょう。

歴史の教科書の対応

範囲表に記載はないが、2年生の時に使用していたワークがあるので、該当範囲のページを計3週やります。 その際に、教科書や学校のプリントと照らし合わせながら進めていきます。

公民の教科書の対応

こちらは範囲表にワークの指定があるので、その該当範囲のページを計3週やります。 対応としては歴史と同様に教科書や学校のプリントを用いながら勉強しますが、公民のほうが配点が高いので、 余裕がある生徒は、教科書準拠の問題集も使ってさらに理解を深めていきます。

地理の対応

約10点分ほど出題されるとのことだが、学校で扱ったミニ問題プリントがあるので、これを繰り返して覚えさせます。

国語

方針

出題範囲は、「水のようなひと」「間の文化」「握手」が該当。 やや分量が多めなので、学校のノートやプリントを確認し、ワークの問題演習で内容をしっかりと把握しておきましょう。

漢字の対応

とにかく練習あるのみ。チェックのために、こちらがいくつかピックアップしたものを書き取らせる確認テストを行います。

3年生のワークの対応

ワークの問題はただ問題を解くだけでなく、学校のノートやワークを確認しながら取り組ませます。 こうすることで、学校の先生が授業で扱っていたことが見えてくるため、そこを重視して覚えるようにします。 他教科のワークと同様に、計3週は繰り返します。