【指導終了時メール】お母さん方は、メールをどう判断するべきか【タブレット指導システム】

2015年04月21日 タブレット指導

しっかりと理解出来ているかの目安は85%

DSC_000001

これまで何度か書きましたが、現在進学塾メイツではタブレット型の指導システムを用いて日々指導を行っています。そのシステムの一環として、毎日指導開始時と終了時に保護者の方へメールをお送りし、学習状況を保護者の方と共有することが出来ます。しかし、保護者の方にとってはメールが送られても自分のお子様の勉強の成果をどう捉えればよいのか中々難しいかと思います。

各単元の達成度に関しては、85%以上出来ているかが一つの指標だと思っています。なぜかというと、前回の定期試験後に各生徒の解答データを集め、分析を行ったところ85%を超えている単元に関してはどの生徒も得点出来ていたからです。

多くの単元において達成度が低い場合は徹底してその教科を教えます

進学塾メイツでは、英語、数学の指導を中心的に行っています。(受験生、受験期は除く)しかしながら上記のような理由から、達成度が全体的に低い生徒に関しては一つの科目を徹底的にやりこんでいます。理由は、自分にとって「出来る!」と感じられる科目が一つでもあればそれが成功体験となり、他の科目にも好影響を与えることが少なくないからです。英数の両方を中途半端に理解するよりは、どちらか一科目をマスターしたほうが良いという考えのもと、日々指導しています。

ぜひお願いしたいのは、叱ることではなく、塾にたくさん来てもらうこと

お子様の日々の学習成果を気にしていらっしゃるのであれば、それをお子様に直接伝えることはあまりおすすめはできません。中学生であれば特に多感な時期ですので、自分に一番近しい存在である両親の言うことに反発してしまいたくなるものです。

当塾では、中学1,2年生であれば週2コマと週3コマの料金体系は同じです。また、中学3年生であれば平日毎日受講が可能となっています。日々送られてくる指導終了時メールにおいて、お子様の成績を危惧なさっているお母様方はぜひ可能な限り通塾させることをお願い致します。

The following two tabs change content below.
進学塾メイツ

進学塾メイツ

公立小中学生対象の塾内で指導完結する宿題なしの個別指導塾。小学生は、宿題サポートや英語学習、プログラミング指導を行います。中学生は、定期テスト対策を中心に、宿題サポート、高校受験対策など生徒一人ひとりの課題にあわせた指導を行い、成績アップを実現します。英語・数学(算数)をメインに主要5教科の指導を行っています。