【新宿区立西早稲田中学校】平成28年度 3年1学期 単元テスト 範囲と対策

進学塾メイツ高田馬場教室の遠藤です。

西早稲田中学校、平成28年度3年1学期単元テストの範囲とその対策についてまとめたいと思います。
GWですが大事なテストですので、休まずに対策しております!

※進学塾メイツでは下記の対策に加え、タブレットを用いた個別指導中に蓄積された学習情報に基づいて、オーダーメイドなテスト対策を展開しております。体験授業・入塾説明は随時お申し込みをお待ちしております!
お問い合わせはこちら

範囲

平成28年度新宿区立西早稲田中学校3年1学期単元テスト試験範囲表
やはり1学期の最初のテストですから、試験範囲は狭いですね。

対策

数学

方針

試験範囲的に「場合の数」「確率」「式の展開」「因数分解(基本だけ)」といった、非常に点数が取りやすいのが特徴です。
高得点は当たり前、低い点数だとその後に影響する、といった気持ちでいるのがいいでしょう。

3年の教科書の対応

教科書の例題、問、章末問題などは類題が出されることがあるので、一通り解き直しさせています。
また、用語なども案外出題されるため、要注意です。

数学の学習ノートの対応

ノートに1周、間違えた問題をノートに1周、学習ノートに書き込みで1周させています。
最近の問題集は書き込み式となっているため、計3周くらいの演習量は必要です。

家庭学習プリント/小テストの対応

間違えた問題だけでいいので、2~3回は解きなおしする必要があります。

確率復習(基本問題・応用問題)

2年の教科書の例題、問、章末問題をもう一度解きなおしする必要があります。
応用問題に関してはそれだけでは演習量が足りないので、市販の問題集(教科書準拠)や塾の問題集などで対応する必要があります。

英語

方針

「受動態(受け身)」がメインテーマとなるため、完璧に使いこなせるようになるのが必須です。
2年次の復習は膨大な範囲となるため、「受動態(受け身)」ができるようになってから、弱点と思われる項目をつぶしていくしかないでしょう。

2年次の復習の対応

上記にもあるように、「受動態(受け身)」が完璧になってから手を出すので十分です。
強いて言うなら、UNIT0が2年の復習であるため、本文中に出てくる文法項目は完璧にしておきましょう。

教科書の対応

UNIT0は上記の通りで、UNIT1が「受動態(受け身)」と「make O C」の使い方です。
5月4日時点でまだ「make O C」 まで授業が進んでいないようなので、とりあえず「受動態(受け身)」を完璧にするのが得策だと思います。
受動態に関しては、学校のワークをノートに1周、間違えた問題をノートに1周、学習ノートに書き込みで1周させています。
最近の問題集は書き込み式となっているため、計3周くらいの演習量は必要です。

理科

方針

「大気中の水蒸気の変化」「日本の気象」「前線の通過と天気の変化」しかテストに出ないので、入試で対応できるレベルまで理解を深める予定です。
教科書を読み込み、問題集をおこなってから、単元別に分かれている入試問題集をやってみてもいいかもしれません。

2年教科書の対応

理想は教科書を読んで内容を理解することですが、なかなか理解することは難しいものです。
教科書準拠の問題集を解きながら、わからないときは教科書を辞書替わりに使用するのが良いかと思います。

カラープリントの対応

何回も反復して丸暗記してしまってもいいかもしれません。
試験範囲表に載せるくらいですから、出題される可能性は高いです。

社会

方針

歴史は「流れ」「用語」を両方ともしっかりと覚える必要があります。点数を取るためには「用語」をしっかりと覚えるほうが先決です。とりあえずワークを丸暗記するくらいまで用語を覚え、そのあとに教科書や歴史漫画で流れを覚えるのが良いでしょう。
地理は「用語」が大半です。ワークを丸暗記し、そのあとに教科書準拠の問題集で用語の理解を深めるのが良いでしょう。
公民は教科書だけでは足りないことが多いです。「消費」「流通」がテーマであるため、入試レベルまで理解を深める気持ちでいるのがよいです。

歴史の教科書の対応

教科書は情報量が膨大なため、「用語」を理解するのに用いると大変です。流れを覚えるのに利用しながら、知らず知らずのうちに用語を理解している、といった戦略を取る予定です。

歴史の完全学習の対応

教科書準拠の問題集のため、教科書を見ながらであれば解けます。ただ、テストでは教科書は見ることはできないため、丸暗記できるようにします。
ノートに1周、間違えた問題をノートに1周、学習ノートに書き込みで1周させています。
最近の問題集は書き込み式となっているため、計3周くらいの演習量は必要です。

地理の教科書の対応

提出物となっている「地理の完全学習」を調べるうえで、教科書を利用し、知らず知らずのうちに用語を覚えるのが理想です。
歴史と同じく完全学習は3周はやらせたいと思います。

公民の教科書の対応

教科書は辞書替わりにして、教科書準拠の問題集や入試問題集にまで手を出したいと思います。

国語

方針

国語のテストは、学校のノート、プリント、問題集を頭に叩き込めば点数は取れるようになっています。
点数が取れない理由は、学校の授業で大切な点を抑えられていないのが原因です。
学校のノート、プリント中心に対策していくのがよいでしょう。

教科書の対応

ノート、プリントを軸にしながら、教科書に目を通す勉強が効果があります。
ノート、プリントの内容は完璧にする必要があるため、印刷して緑ペンで塗り、暗記してしまうくらい繰り返しさせます。

漢字の対応

読み、書きともに、完璧になるまで繰り返しテスト形式で勉強させていきます。

総合問題の対応

ワークをノートに1周、間違えた問題をノートに1周、学習ノートに書き込みで1周させています。
最近の問題集は書き込み式となっているため、計3周くらいの演習量は必要です。