【新宿区立落合中学校】平成25年度第3学年2学期中間考査の解説【英語】

2013年10月15日 定期テスト分析

実施時期

平成25年9月26日(木)

試験範囲

教科書 ~P.52
ジョイフルワーク ~P.67

問題内容

1.リスニング

4択のリスニング問題です。
レベルはわかりませんが、選択肢が単語だけでなく英文になっていて、また質問に対する答えを選ぶ問題なので難しいはずです。

2.リスニング(3点×10)

1と同じです。

3.英文法

受動態と完了形の変形問題です。
原形、過去形、過去完了形がちゃんと書けて、さらに理解してないといけません。
難しくはないです。
教科書の後ろの方にある動詞変化表を完璧にしていればできます。

4.英文並び替え

教科書の表現を並び替えるだけです。
中学英文法の説明の少なさは異常です。
というよりも中学生が全員理解できないので仕方ないのですが…
対策としては音読が最強でしょう。
ほとんどの問題が教科書中の文章でした。
新出単語や表現を含む英文は暗記するほど音読しましょう。

5.英単語の穴埋め

これも新出単語や表現を含む英文を暗記するほど音読するだけで十分です。

6.条件英作文

教科書にあった物語に関する英作文です。
事前に準備していれば良いのですが、そうでなければ出来ない生徒はたくさんいるはずです。

7.how toを使った条件英作文

[how to]を使った英作文問題です。
これも事前に準備をするか、教科書音読を徹底していれば対処できます。

8.英語短文読解

都立入試大問2をかなり意識した問題です。
都立入試対策ができている生徒は簡単だったのではないでしょうか。

9.英語会話文読解

都立入試大問3をかなり意識した問題です。
英作文や英語答え問題もあるので、総合的な英語力が問われています。
都立入試対策として、大問4をひと通り終えていれば対処できたのではないでしょうか。

10.英語長文読解

都立入試大問4をかなり意識した問題です。
都立入試対策で十分対処できます。

するべきこと

高得点を狙う場合

教科書を音読を徹底しましょう。
重要表現を含む文章は暗記した方がいいです。
リスニングは英検準2級レベルで訓練しましょう。
その他都立入試に似た問題は、都立対策をすれば対処できます。
都立入試で100点目指すのが、定期テスト対策の近道と言えます。

平均点を狙う場合

都立入試を考える場合、学校の教科書の内容はそこそこにしましょう。
その分、都立入試対策をすれば、平均点近くは狙えるのではないでしょうか。

まとめ

教科書の文法がバシバシ出るテストではなかったです。
なので、平均点は低くはなかったのではないでしょうか。
評判の良い落合中学ですから、今から都立入試を意識した問題づくりをされているのでしょう。
期末はより一層、都立入試色の強い問題が出る可能性があるため、都立入試対策を徹底するのが大切になってくるはずです。

The following two tabs change content below.
進学塾メイツ

進学塾メイツ

公立小中学生対象の塾内で指導完結する宿題なしの個別指導塾。小学生は、宿題サポートや英語学習、プログラミング指導を行います。中学生は、定期テスト対策を中心に、宿題サポート、高校受験対策など生徒一人ひとりの課題にあわせた指導を行い、成績アップを実現します。英語・数学(算数)をメインに主要5教科の指導を行っています。