【都立高校入試情報】石神井高校

2013年04月17日 未分類

300px-Shakujii_High_School

研究対象

石神井高校

合格確実圏偏差値

普通クラス→56

特進クラス→58

(データは2012年度のものです。)

引用サイト http://www.geocities.jp/toritsukoukou2/

普通、特進の違いは後ほど。

学力検査:調査書

7:3

立地

無題

大きな地図で見る

通学方法

2010-04-03_2107

西武新宿線「武蔵関」駅下車、北口より徒歩7分。

JR「荻窪」駅北口より、関東バス「武蔵関駅」行き。バス停「武蔵関駅」下車、徒歩7分。

西武池袋線「大泉学園」駅南口より、西武バス「吉祥寺駅」行き。バス停「関町北四丁目」下車、 徒歩6分。

JR「吉祥寺」駅北口より、西武バス「都民農園セコニック前」行き。または「新座栄」行き。バス停「関町四丁目」下車、徒歩6分。

指定校推薦枠

東京理科大1

日本獣医生科大1

学習院大3

立教大2

中央大4

東京農大3

etc…

(高校受験ガイド2012年度参照)

上位大学一般入試合格実績

cambridge%20068

東京外語大1

早大1

慶大2

上智1

東京理科大4

明治大3

青学大2

中央大1

法政大4

etc…

(高校受験ガイド2012年度参照)

特徴

_kuma_tukucyo

旧第三学区では「スポーツの石神井」と呼ばれ、体育祭では都立No.1との呼び声高く、運動部が盛んなイメージがあります。

と同時に、近年大学受験指導にも力を注いでおり、際立っているのが上記でも述べた特進クラスの設置でしょう。

特進クラスとは、難関大学合格を目指し、ハイレベルな授業が展開されるであろうクラスのことです。

ただ、石神井高校の中ではトップクラスの生徒が集まるクラスなので、モチベーションの維持が大変だったり、授業スピードについていけず、普通クラスのレベル以下になってしまう危険があります。

他にも特進クラスのある都立高校としては、

新宿高校、墨田川高校、上野高校、文京高校、深川高校、田園調布高校、本所高校

があります。

個人的な感想

校風や雰囲気は別として、この辺りの生徒としては一つの指標となる高校だと思います。

成績表と絡めていえば、オール3だと少し厳しく、オール4だとある程度余裕をもって受験できます。(受験に余裕などという言葉は存在しませんが。)

そして3と4が半分くらい、という生徒がヒリヒリした受験生活を送れます。普通クラスには入れると思いますが。

受験には熱量が必要不可欠です。目標を高くするぶんには問題ありませんが、絶対に現時点での妥協はしないでください。

校風などについてはスポーツが盛ん、というイメージが先行しており、「うちの子はちょっと…」と思うお母さんもいらっしゃると思いますが、あまり気にする必要はないでしょう。

どこの学校でも活発な子は存在するし、そうでない子もいます。

どちらがいいという訳ではありません。要は自分次第です。

また指定校推薦枠はあまりあてにしないほうがいいです。大学は各学部に分かれており、その推薦枠が自分に合った学部がどうかがわからないからです。

そして何より大学受験という山にチャレンジしないのは勿体ない!成功しても失敗しても得るものは大きいです。

合格実績については、国立はほぼ0で、私立に的を絞っているのが伺えますね。2年生から文系、理系の各コースにわかれることが何よりの証拠でしょう。

The following two tabs change content below.
進学塾メイツ

進学塾メイツ

公立小中学生対象の塾内で指導完結する宿題なしの個別指導塾。小学生は、宿題サポートや英語学習、プログラミング指導を行います。中学生は、定期テスト対策を中心に、宿題サポート、高校受験対策など生徒一人ひとりの課題にあわせた指導を行い、成績アップを実現します。英語・数学(算数)をメインに主要5教科の指導を行っています。